上手な糸の選び方|デザインを激安でTシャツにプリント|サービスの有無もチェック
ウーマン

デザインを激安でTシャツにプリント|サービスの有無もチェック

上手な糸の選び方

糸

各工程に合った糸

趣味としてパッチワークが好きだという人なら、一度はパッチワーク糸について考えたことがあるのではないでしょうか。パッチワークには大きく分けると二種類の工程があります。一つはピースワークといって、小さな布と布を縫い合わせていく工程です。もう一つはキルティングといって、小さな布を縫い合わせてつくったキルトトップと裏の生地で中綿をはさんで、ステッチしていく工程です。この二つの工程はそれぞれに特徴があるため、最適なパッチワーク糸を選ぶことで作業のしやすさや仕上がりに違いがでてきます。糸には様々な種類があり、身近にあるミシン糸や手縫い糸で代用している人がいるかもしれませんが、専門のパッチワーク糸を利用してみてください。

海外や国内の糸

パッチワークは本来イギリスやアメリカをはじめとする欧米で盛んに行われてきたという背景があることから、パッチワーク糸はパッチワークが日本に紹介されると同時に日本に輸入されてきました。以前日本で主流となっていたパッチワーク糸は、海外からの輸入品でピースワーク用とキルティング用に異なったラベルが展開されていました。しかしパッチワークの人気に伴って日本の糸メーカーでもパッチワーク糸の生産を開始しました。その糸はピースワークとキルティングのどちらにも使用することができる兼用糸で、各工程に応じてわざわざ買い替える必要がないという大きなメリットがあります。また糸通りが良くて縫いやすいという評判を獲得しています。